フリーゲームレビュー

レビュー:「ゼロ・シンギュラリティ」


「ゼロ・シンギュラリティ」は短編SFサウンドノベルです。

「ゼロ・シンギュラリティ」は技術的にかなり考証されたSF物語だと思います。

シンギュラリティ(Singularity)というのは、特異点と いう意味です。コンピュータ技術や生命科学などの進歩、発展 によって2045年頃に技術的な特異点が生じ、これまでの世界とはまったく異なる、不連続な世界がやってくる、と予測されているのです。

量子コンピュータは既に実用化されており、この物語で描かれている未来は夢や幻想ではありません。
また、ナノマシンも出てきます。これも夢物語ではありません。ナノ(ロ)ボットも3Dプリンターによる微細加工技術の普及、そして生化学の発展により加速度的にその技術開発が進んでいるのが実情です。
もう一度言いますが、この物語は単なる夢物語ではなく、いずれ訪れる可能性の高い未来の姿です。近い将来、我々の生きる世界に確実に訪れるであろう変革の時。その姿を淡く描いています。

絵は綺麗系。と言うより、背景・立ち絵ともに美麗です。

容量
123,111 kb

制作ツール
わかりません

製作者
永遠の文芸部

公開日
2017-06-13

URL
http://literatureclub.lolipop.jp/kaze/
http://tomotomojda.wixsite.com/eien11
https://www.freem.ne.jp/win/game/15035

この「ゼロ・シンギュラリティ」は、約30分ほどの作品です。

-フリーゲームレビュー

こちらの記事もおすすめ

1
幻色灯日記|恋愛ADV「恋は明日を告げる歌」体験版第一弾公開しました!

2014年4月より企画・開発しておりましたプロジェクト、恋愛ADV「恋は明日を告 ...

2
無謀にもニコニコ動画に投稿してみた! 「黄衣の王に捧げる唄」

こんなの作ってみました。   手直しして、新作ADVに組み込みます(ぇ ...