フリーゲームレビュー

レビュー:「ひとひら、ひとかけ。」


「ひとひら、ひとかけ。」は掌編ノベルゲーム集です。五名の著者の合作となっています。

「ひとひら、ひとかけ。」は四季とパズルがテーマとのことですが、「片思い、あるいは憧憬」も隠しテーマにあるのかもしれません。

いずれも素敵なお話なのですが、五つのエピソード、簡単に感想を書きたいと思います。

*spring
様子見とワクワク、そしてそんな浮ついた気持ちが手にとるように伝わってきました。綺麗な話です。

*summer
擬人法。会話のトリック。これらを散りばめ、ユーモアや微推理めいた全体的に知的なお話に仕上がっていたと思います。

*autumn
ちょっぴりセンチメンタルになる、憧れるものを示した穏やかな会話続くゆったりとした時間の流れるお話です。

*winter
硬く白い、文章にキャラクターの性格が強く出ているお話だと思います。ラストでは思わず唸ってしまいました。

ここまでの四つ、どれも続きの読みたいお話ばかり。ですがそれは叶いませんので次ぎ行きましょう。最後の一編。

*one
流れるような文章、聞きたい、だけど聞きたくない言葉の渦です。そして勇気に挑み、勇気を得る話でしょう。そう感じました。

以上、五作からなる素敵な掌編集でした。

容量
28,056 kb

制作ツール
Live Maker

製作者
りっと / 井吹カナン / ヒンヤリばなな / 祟月 近衛頼忠 / ととと

公開日
2018-01-05

URL
https://www.freem.ne.jp/win/game/16611
http://roronot.web.fc2.com/

この「ひとひら、ひとかけ。」は、約15分ほどの作品です。

-フリーゲームレビュー

こちらの記事もおすすめ

1
幻色灯日記|恋愛ADV「恋は明日を告げる歌」体験版第一弾公開しました!

2014年4月より企画・開発しておりましたプロジェクト、恋愛ADV「恋は明日を告 ...

2
無謀にもニコニコ動画に投稿してみた! 「黄衣の王に捧げる唄」

こんなの作ってみました。   手直しして、新作ADVに組み込みます(ぇ ...