フリーゲームレビュー

レビュー:「冬の朝の、ベンチから見える東の空は、美しくて、」


「冬の朝の、ベンチから見える東の空は、美しくて、」は、短編ノベルです。

冬の朝の、ベンチから見える東の空は、美しくて、

「冬の朝の、ベンチから見える東の空は、美しくて、」は、私と先輩の二人の話です。この先輩、きっと面白い人なのでしょうね。
友達に一人、欲しいです。

時に、人が『神聖』さを覚えるのは、太陽そのものではなく、日の出、ご来光の瞬間を『』と見るようです。谷川健一さんの本に書いてありました。この作品で例えるなら、朝もやを割って出てくる太陽の光の美しさ、そしてサンドイッチを一口、口に含んだ美味しさあふれたその瞬間こそが『神聖』なものであり、長らく口を閉じていた主人公が口を開き、言葉に出したその瞬間こそ『神聖さ、かけがえのない尊いもの』を感じる瞬間なのだと思います。

人が感じいるものを教えてくれた物語です。美しい物語をありがとうございました。

容量
1,788 KByte

製作ツール
吉里吉里

製作者
ムノニアJ

公開日
2016-02-03

URL
https://littlecandlelight.wordpress.com/
http://www.freem.ne.jp/win/game/11135

「冬の朝の、ベンチから見える東の空は、美しくて、」は、10分程度のお話です。

-フリーゲームレビュー

こちらの記事もおすすめ

1
幻色灯日記|恋愛ADV「恋は明日を告げる歌」体験版第一弾公開しました!

2014年4月より企画・開発しておりましたプロジェクト、恋愛ADV「恋は明日を告 ...

2
無謀にもニコニコ動画に投稿してみた! 「黄衣の王に捧げる唄」

こんなの作ってみました。   手直しして、新作ADVに組み込みます(ぇ ...