フリーゲームレビュー

レビュー:「夏想」


「夏想」は短編サウンドノベル集です。

夏想

「夏想」は短編サウンドノベル集です。落ち着いたサウンドがそれぞれの短編に情感を与えてくれます。

以下、それぞれの感想です。

「アスファルトの教訓」は、一人の人間の話です。苦しんで、苦しませた人の話。人はな何故生き何処に向かうのか。焼けるような夏の暑さの中でそれを考えます。
「右螺子の法則」は、自分自身の存在の意味のお話です。短いんでこれ以上のコメントは控えます。
「曇り空、夏の午後六時」は、自分とは何か、その意味を実感するお話です。

「カソウ」とは、どういった意味でしょうか。皆さんがこのゲームをプレイなさり、それぞれの価値を見出される事を祈ります。
 筆者はそうですね、、、全ては夏の陽炎のようなものだと思います。

容量
78,429 KByte

制作ツール
WOLF RPGエディター

製作者
祟月 近衛頼忠

公開日
2016-08-29

URL
https://twitter.com/tatari564
http://www.freem.ne.jp/win/game/12633

この「夏想」は、約20分程の作品です。

-フリーゲームレビュー

こちらの記事もおすすめ

1
幻色灯日記|恋愛ADV「恋は明日を告げる歌」体験版第一弾公開しました!

2014年4月より企画・開発しておりましたプロジェクト、恋愛ADV「恋は明日を告 ...

2
無謀にもニコニコ動画に投稿してみた! 「黄衣の王に捧げる唄」

こんなの作ってみました。   手直しして、新作ADVに組み込みます(ぇ ...