フリーゲームレビュー

レビュー:「てんしがきたよ」


「てんしがきたよ」は掌編サウンドノベルです。プラウザゲームになります。

「てんしがきたよ」は優しいふんわりとした、それでいて柔らな画風。
天使? の表情がいいと思います。
文章もそうなのですが、作品全体から「優しくありたい」と言う気持ちが伝わってくるようです。
短い作品なのですが、雰囲気が感じ取れます。

そして思いがけぬ後日譚。
「ああ、そうなのか」と安心できました。

演出も結構細かいです。筆者が思った以上に手の込んだ作品なのではないかと感じさせられる部分が多々ありました。

容量
60,206 kb

制作ツール
RPGツクールMV

製作者
meimei

公開日
2017-08-31

URL
https://www.freem.ne.jp/win/game/15620
https://twitter.com/meimei9112

この「てんしがきたよ」は、約5分ほどの作品です。

-フリーゲームレビュー

こちらの記事もおすすめ

1
幻色灯日記|恋愛ADV「恋は明日を告げる歌」体験版第一弾公開しました!

2014年4月より企画・開発しておりましたプロジェクト、恋愛ADV「恋は明日を告 ...

2
無謀にもニコニコ動画に投稿してみた! 「黄衣の王に捧げる唄」

こんなの作ってみました。   手直しして、新作ADVに組み込みます(ぇ ...